Close

「仕組み経営」

ファシリテーター募集

「ビジネスの仕組み化」という巨大ニーズに応える

唯一のプロフェッショナル

【動画】自分がいなくても成長し続ける会社を作るための5つのルール(25分59秒)をプレゼント中。

仕組み経営ファシリテーターの詳細はこちらから

こんな方が対象です。

  • スモールビジネスの顧客を持つ方(持ちたい方) 
  • セミナービジネスをされている方 
  • 新規事業を立ち上げたい方 
  • 仕組み化を極めたい方

ビジネスの仕組み化というコンセプトを広めた世界No.1のスモールビジネスアドバイザー

マイケルE.ガーバーとは?

マイケルE.ガーバー氏はセールスの仕事をしていくうち、企業向けのコンサルティングを依頼されるようになりました。そして本格的に起業家や経営者に対するコンサルティングを提供するため、1977年にマイケル・トーマス・コーポレーションを設立。世界初のビジネスコーチング会社になりました。


マイケルE.ガーバー氏はクライアントに教えている「起業家の視点」を自ら実践し、創業後、わずか2年でコーチングの現場から離れ、起業家としてのビジネス構築、コーチの育成、世界展開の活動へと軸足を移しました。その後、同社は過去約40年間にわたって、7万社のスモールビジネスに対するコーチングを行い、後に「E-Myth革命」とも言われるほど、世界中のスモールビジネスに変革をもたらしてきました。


ガーバー氏の独特の視点の基となっているのは、子供の頃に習っていたサクソホンの先生からの教え、百科事典のトップセールスマンとしての経験、そしてかつて没頭していた思想家や哲学者からの学びだったとされています。


サクソホンの先生からは、物事を極めていくために必要な心構えと順序を学びました。それがクライアントにコーチングをする際のプロセスに反映されています。セールスマン時代には、営業をシステマチックなものとして捉えて成功し、それが“ビジネスのシステム化“の発想へと進化しました。また、グルジエフなどの思想家、哲学者からは、人間や人生に対する深い洞察を得て、それが経営者の人生に関する考え方、社員と経営者、そしてビジネスとの関わり合いに対する考え方に影響を与えています。

仕組み経営とは?

「仕組み経営」によって、社長が現場にいないと回らない「職人型ビジネス」から抜け出す。

世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーは、著書「はじめの一歩を踏み出そう」の中で職人型のビジネスと起業家型のビジネスの違いを明らかにしました。


職人型ビジネスでは、ビジネスが「個人裁量」をもとに運営されているために、経営者があらゆることに手を回さなくてはならず、会社が成長できません。


一方、起業家型ビジネスでは、ビジネスが「仕組み」を基に運営されているために、経営者が現場の仕事を離れることが出来ます。


「仕組み経営ファシリテーター」は、全国の中小・スモールビジネスに対して、職人型ビジネスから起業家型ビジネスへ変革するための「仕組み化」の支援を行う存在です。

【動画】自分がいなくても成長し続ける会社を作るための5つのルール(25分59秒)をプレゼント中。

仕組み経営ファシリテーターの詳細はこちらから

仕組み経営ファシリテーターになるメリット

その1.仕組み化という巨大ニーズに応えることが出来る。

先ほど申し上げた通り、現在、仕組み化という言葉がブームになるほど、日本の経営者に浸透しています。


今回、募集させていただく仕組み経営ファシリテーターは、その巨大ニーズに応えられる唯一の制度になっています。


東京商工リサーチの調べでは、2016年段階において全国の社長の平均年齢が61.19歳になっており、高年齢化していえます。


これが意味するところは、事業承継を迎える会社が増え続け、経営者が交代しても存続できる会社をつくらなければ、不幸な倒産、廃業が増え続けるということです。


もう10年もすると、非常に多くの会社で、現在の経営者が引退することになります。そのときに会社を仕組み化し、経営を引き継げる人がいなければ、会社を自主廃業するか、もしくは倒産ということになってしまうのです。


そういった事態を避けるためにも経営者が交代しても経営できる会社、つまり仕組み経営を実践していく必要があります。


仕組み経営ファシリテーターは、そういった中小・スモールビジネスを取り巻く大きな社会問題を解決できる唯一の存在です。

経営者が最終的にやらないといけない仕事「仕組み化」を支援する唯一の存在

仕組み経営ファシリテーターになるメリット

その2.実証されたカリキュラムでクライアントからの信頼向上

ワールドクラスカンパニーが

実践する経営手法をカリキュラム化

仕組み経営のカリキュラムの内容は、私どもがマイケルE.ガーバーから学んだことに加え、国内外のワールドクラスカンパニーが実践している内容をカリキュラム化したものです。


私どもは多額の投資を行い、そういったワールドクラスカンパニーへの視察や調査、インタビューなどを継続的に行っており、その内容をカリキュラムに反映し続けています。


ファシリテーターであるあなたは、その実証されたカリキュラムをクライアントに提供することで、専門家としての権威を獲得できます。

仕組み経営ファシリテーターになるメリット

その3.他社とは異なる価値提案で差別化

大半のコンサルタントやコーチは、クライアントを獲得するために”売上アップ”の訴求に終始しています。


もちろん、売上は企業の生命線です。しかし、他と同じく売上アップの提案だけでは、差別化が難しくなります。


なんとか差別化しようとして、自己ブランディングや、オリジナリティのアピールをしているコンサルタントやコーチがいますが、正直なところ、経営者から見れば、彼らの提案内容は、他との違いが明確ではありません。


一方、仕組み経営は、売上アップではなく、会社の「仕組み化」を提供しています。「仕組み化」の方法論を提案できるコンサルタントやコーチはほとんどいません。なぜならば、大半のコンサルタントやコーチは彼ら自身が「職人」として働いているからです。


自分自身が職人型ビジネスになってしまっているので、そこから抜け出す方法をクライアントに提案できません。


仕組み経営の講座や研修は、「仕組み化」の方法を体系的にまとめてある唯一の経営プログラムと言えます。


ナビゲーター

清水直樹

はじめまして。一般財団日本アントレプレナー学会の清水と申します。


私どもは2011 年より、世界No.1(米INC 誌による)のスモールビジネスアドバイザー、マイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとして活動してまいりました。


マイケルE.ガーバー氏は、1977年、世界中の経営者の人生を変革するという夢のもと、世界初のビジネスコーチング会社をスタートさせました。以降、40年間にわたって世界7万社の中小・スモールビジネスオーナーを支援してきました。彼の書籍「E-Myth Revisited(はじめの一歩を踏み出そう)」は世界的ベストセラーとなり、いまなお、中小・スモールビジネス経営の教科書として活用されています。同書の中では「ビジネスのシステム化(仕組み化)」というコンセプトが初めて提唱され、以降の中小・スモールビジネス経営の在り方に変革を起こしました。


日本においては、過去5年間、主催セミナーだけでも参加者数延べ1500人以上、高価格帯の経営者研修にも300人以上の方にご参加いただいています。


一方、セミナーにご参加いただいたり、コーチングを受けたりしていただける勉強熱心な経営者というのは日本全体から見れば僅かな存在であることも事実です。大半の中小スモールビジネス経営者は自分が職人型ビジネスに陥っている、という事実にすら気がついていません。


今回、ファシリテーターを募集させていただくのは、私たちがまだ出会っていない、そういった経営者に起業家の視点を紹介するためです。多くの仲間とともに、中小・スモールビジネス経営者に、職人的に働き続ける以外にも事業を運営する方法があることを知ってもらい、これまで気づいていなかった人生とビジネスの新しい可能性を一緒に追求していきたいと考えています。


詳しくはこのページに記載させていただきましたので、どうぞご覧ください。





プロフィール:

大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

【動画】自分がいなくても成長し続ける会社を作るための5つのルール(25分59秒)をプレゼント中。

仕組み経営ファシリテーターの詳細はこちらから

一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2011年より世界No.1のスモールビジネスの権威(米INC誌による)マイケルE.ガーバー氏の日本におけ る独占ライセンシーとして、スモールビジネス、中小企業経営者の方に向けて、職人型ビジネ スから起業家型ビジネスへ変革するためのプログラムをご提供しています。


一般財団法人日本アントレプレナー学会

代表理事 清水直樹


所在地:〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F

TEL:03-6869-6985

FAX:03-6868-5694

About US

特定商取引法による表記

© 2017 The Japan Foundation of Entrepreneruship. All Rights Reserved.