アドバイザーズ・アカデミー

他者の支援をしながら

収益を上げる

アドバイザービジネス

を始めませんか?

こんな方が対象です。

①経験を活かして、コーチやコンサルティングの仕事を始めたい人

②いまのビジネスを広げるためにアドバイザー業を始めたい人

③コーチやコンサルティングの仕事を始めたばかりの方

現在、何かしらの実業をされていて、近い将来その業界経験や業務経験を活かしてアドバイザービジネスをスタートしたいと考えている方。

顧客層を広めたり、付加価値向上のために今のビジネスに加えて、セミナー業やコンサルティング業をスタートしたい方。

既にコーチやコンサルタントとして活動しはじめたが、もっと拡大していきたい方。

アドバイザーズ・アカデミーとは?

  • アドバイザービジネス(コーチングやコンサルティング等)を始めたい、または始めたばかりの方のためのEラーニングプログラムです。
  • インターネットを駆使して数千万円、数億円を売り上げようという非現実的な目標ではなく、周りの知人や紹介などで顧客を獲得し、年商数百万円~1000万円くらいを実現することを目指します。
  • コンテンツの開発の仕方からサービスの販売方法、アドバイザーとしての仕事の仕方など、基本的なところからきっちり学びます。(詳細は後述)
  • 希望者には個別相談が付きます。(詳細は後述)

アドバイザービジネスをはじめたきっかけ

2度の起業失敗

知識、人脈、資金すべてゼロに

こんにちは、一般財団法人日本アントレプレナー学会の清水です。


私の最初の起業は26歳の時。


IT関連だった会社員時代とは全く無関係の海外プライベートアイランドの紹介業をスタートさせました。プライベートアイランドとは、個人所有の島。超高額の不動産です。昔から自分の島が欲しいな、と漠然と考えいてた私は、起業するにあたって、自分で島を買う前に島を売買するビジネスをやろう、と思い立ったのです。


当時の富裕層ブームのおかげでいくつかの雑誌に掲載させてもらったりしながら、まさに夢のような仕事をしていました。しかし、インターネットが今ほど発達していない当時、視察や海外業者との交渉に思いのほかお金がかかり、想定以上のスピードで資金がショートしてきました。


お金が無くなり、どうしようもなくなってきた頃、元々IT業界にいたこともあり、モバイルベンチャーのスタートアップに参画することになりました。ベンチャーキャピタルから億単位の資金調達をして、社員数も20名弱になりました。このままいけば20代で上場企業の役員になれるはずだったのです。しかし、しばらくして今度は、経営陣のビジョンの違いから組織が崩壊することになりました。一人、また一人とリーダークラスが会社に来なくなり、そのまま会社は解散になってしまったのです。

30歳にしてアルバイトの日々

結果として30歳くらいで実質フリーターになってしまいました。毎日何もやることが無くなり、生活費を稼ぐためにアルバイトをして食つなぐことになりました。


ホテルのウエイター、パソコン教室の教師、バーの店員など学生に混じってアルバイトをしながら、どうやって生きて行こうかと悩む日々でした。

3度目の起業

3か月働いて報酬1500円

アルバイトを続ける中、インターネットを使って収入を得ようと思い立ちます。当時流行っていたアフィリエイトビジネス(インターネット上で他社の商品を紹介して報酬を得る仕事)を始めました。アルバイトは全部やめて、すべての時間をウェブサイトの制作やリサーチに費やしました。お金がなかったので、見様見真似でウェブサイトも全部自分で作りました。


これで稼げなかった先がない、と思っていたので本当に寝る間を惜しんでパソコン作業を続けたのです。


そして3か月が経ちます。


アフィリエイトビジネスで得られた報酬はたったの1500円でした。


当時、ほとんどのASP(アフィリエイトビジネスを仲介する会社)は、最低支払額が5000円でした。報酬が5000円以上行かないと支払われないのです。つまり、3か月間の努力はすべてタダ働きになってしまったのです。


アルバイトも辞めていたので、この時はキャッシングに手を出し、借金生活。さすがにマズいと思いました。


一番惨めだった瞬間を今でも覚えています。


友人から食事に誘われ、外出する際、ふと財布の中を見たら数十円しかなかったのです。銀行口座ももちろん残高はゼロ。キャッシングも限界までいっていたので友人と食事に行くお金すらなかったのです。幸い、カバンの中に何かでもらった商品券が入っていたのを思い出し、それを換金してギリギリのところで食事は行くことが出来ました。

海外のビジネスノウハウを

買いあさる日々

再びお金が無くなった私は、もう一度アルバイト生活に戻らざるを得ませんでした。しかし今度は、明確な目的がありました。アフィリエイトビジネスは海外のほうが進んでいることが分かったので、アルバイトでお金を貯めて、海外の教材を購入し、勉強しようと思ったのです。


そして、実際に海外の教材を買いまくりました。今度は教材の中身に書いてあることをそのまま実践しました。ノウハウを使って、さくっと簡単なブログを作り、アフィリエイトを始めました。


すると、今度は以前とは全然違う結果が出ます。


ブログ開設から1週間程度で、1万円以上の報酬を得ることが出来ました。その後も1日数十分の作業でアルバイトをするよりも多くの報酬を得ることが出来るようになったのです。マックスの報酬は月50万円程度でした。


この結果から、何ごとも本場から情報を得ることの大切さを学んだのです。


月に50万円入ってくると言っても、この状況がいつ終わるかもわかりませんし、これではビジネスとは言えない、お小遣い程度だと思っていました。


そこで、もっと海外からビジネスを学ぼうと思いました。海外の教材は平均するとひとつ5万~20万円くらい。海外セミナーに行くとなると渡航費含めて50万円~100万円はかかります。それだけかけても学ぶ価値はあると思い、アフィリエイト報酬のほとんどを教材の購入、さらには海外セミナーへの参加費に投資をし始めました。

海外ノウハウを使い、

24時間で3000万円

海外に目を向けてから半年くらい経った頃、海外のセミナーで出会った日本人の人と共同でプロジェクトを行いました。“投資の教材をプロダクトローンチで売る“というプロジェクトです。


プロダクトローンチというのは、新商品を販売する際、数週間かけて顧客の感情を暖め、一気に販売するという海外発のプロモーション手法です。今ではインターネットマーケターの間で結構使われていますが、当時の日本ではほとんど使っている人はいませんでした。


このプロジェクトでは24時間で1000万円、10日で3000万円。トータルで1億円弱の売上になりました。この成功によって、私はようやく数年間にわたる“暗黒時代”から抜け出せると確信できました。

初めてのコンサルティングビジネス

その後、私はさらに海外情報の仕入れにのめりこみました。ようやくまとまったお金が得られたので、前から欲しかった教材や行きたかったセミナーに参加しまくりました。同時に、自分のウェブサイトを作り、海外ノウハウを日本の起業家や経営者に提供するという仕事を始めました。


会員制サービスもスタートさせ、ようやく収益が安定してきたのです。この頃からコンサルティングをして欲しい、という依頼が来るようになりました。ちょっと前までフリーターだった自分が、人様に物を教えるなんて出来るのかな、と思いましたが、依頼がどんどん増えたので引き受け始めたのです。同業のインターネットビジネス関連はもちろん、化粧品の通販や伝統芸能のプロモーションなど、様々な分野のマーケティングに携わりました。化粧品のプロモーションでは海外映画祭のレッドカーペットも歩かせてもらいました。


いまから振り返ると全くレベルの低い内容ではあったと思いますが、知識や考え方を求める人はたくさんいるんだ、ということを知りました。


と同時に、“自分で起業を成功させ、将来は起業家にアドバイスする仕事する”という学生時代に考えていた夢を思い出しました。


ちょっと過程は変わってしまったけど、昔から思い描いていた仕事をしているな~と実感したのです。

世界No.1の起業・経営アドバイザー

マイケルE.ガーバー氏との出会い 

海外情報を色々と調べている中で、マイケルE.ガーバー氏の考え方に出会いました。「はじめの一歩を踏み出そう」は実は会社員時代に読んでいましたが、さっぱり印象に残っていませんでした。自分でビジネスを始めてみて、ようやくあの本に書いてあることの重要性に気が付いたのです。


また、海外情報をくまなく調べていた私にとって、マイケルE.ガーバー氏の思想が、他の大勢のコンサルタントやアドバイザー達のノウハウの原点になっていることも気が付きました。


そして、2010年11月にマイケルE.ガーバー氏の講座に初めて参加をし、彼のプログラムを日本で広めるという仕事をするようになりました。その出会いがあってから、それまでにやっていた仕事は徐々に収束させていき、今に至ります。

ここで長々と私の過去の説明をしたのは、なぜ私がこの仕事をしているのかをご紹介し、これを読んでいる”あなたにも他者を支援するアドバイザーズビジネスが出来る”ということをご理解していただきたかったからです。


もちろん、どんな仕事でも他者の支援をすることが出来ます。しかし、私はこのアドバイザービジネスを始めたおかげで目の前で人の人生や会社が劇的に変わっていくのを見てきました。それは感動的でもありますし、そのたびにずっとこの仕事をしていきたい、と思えるのです。


その感情をぜひあなたにも味わってほしいと思っています。アドバイザーズ・アカデミーを始めたのは、そのような理由もあります。

他者を支援し、目の前で変化を見ること

人生120年時代にも通用する仕事

いま人生100年時代、120年時代ともいわれていますが、アドバイザービジネスは、基本的に定年ありません。体の無理が利かなくなったとしても、頭が働けば一生できる仕事です。さらにいえば、年齢が高ければ高いほど、価値が出る仕事と言えます。それだけ経験と知識が増えるからです。 


もちろん、一生、フルタイムで働かなくても大丈夫です。自分の自由時間も確保しながら、月に数時間だけ顧客の支援をするという働き方も可能です。


アドバイザーズ・アカデミーにご参加いただき、いまからアドバイザービジネスをスタートし、そのノウハウを固めていけば、一生できる仕事を見つけたことになります。

アドバイザーズ・アカデミーの内容

セルフマネジメントが出来ない人が顧客に良い影響を与えることはできません。時間、空間、場所、身体、精神、情報など、アドバイザービジネスを効果的、効率的に行うための秘訣をご紹介します。

  • アドバイザービジネスを始めるための目的意識、目標設定の仕方
  • アドバイザービジネスを効率的に運営するための各種仕組みづくり
  • 強みと性格を活かした仕事の仕方
  • アドバイザービジネスの典型的なスケジューリング
  • アドバイザーとしてのキャラクターづくり 等々

セルフマネジメント

コンテンツはアドバイザービジネスの商品そのものです。従って、コンテンツ開発はアドバイザービジネスの中でも最も重要な仕事と言えます。ここでは10年以上にわたって、コンテンツを開発し続けてきた経験をもとに、顧客の心に火をつけるコンテンツの作り方、そしてコンテンツの質を継続的に改善していくための仕組みについてご紹介します。

  • 10年後も廃れないアドバイザー領域(対象市場とコンセプト)の見つけ方。
  • 最小のインプットで最大のアウトプットを出すための学習方法
  • 使いまわしできるコンテンツの作り方
  • 値決めのパターンと選択基準
  • コンテンツを“メニュー化“して成約率を高める方法
  • コンテンツの質を継続的に高めていくための考え方
  • 読まれる文章の書き方 等々

コンテンツ開発

コンテンツの案が固まったら、次はマーケティング&セールスです。正確に言うと、アドバイザービジネスの場合、マーケティングとコンテンツ開発はほぼ一体化しています。コンテンツ開発をしながらマーケティングをし、逆にマーケティングをしながらコンテンツを開発します。それによって、せっかく時間をかけて作ったコンテンツが全く売れない、というアドバイザービジネスにおける最大の無駄を避けることが出来ます。

  • 集客につながる情報発信の仕方 
  • 売れないコンテンツを作らないためのマーケティングテストの仕方
  • ブログやメルマガ執筆のルール(数件の顧客獲得で良いのであれば、ブログやメルマガは必須ではありません。ただ、長期的にはあったほうが良いです)
  • 集客用セミナーの開発方法
  • 集客用セミナーのセールスレターの鉄板的書き方
  • 提案書や説明資料の作り方
  • 使っちゃいけないツールとお勧めのツール 等々

マーケティング&セールス

セミナーを開催したり顧客とのセッションを行うのが“サービス提供“です。サービス提供の方法が顧客の満足度に繋がり、紹介や継続に繋がります。

  • 集客用セミナー開催の流れ
  • プレゼンテーションの型と話し方
  • 顧客カルテの作り方と活用方法
  • セミナー資料の効果的な作り方  等々

サービス提供

アドバイザーズ・アカデミーのメインカリキュラムは次の通りです。

特典①個別相談

ご参加者には、お一人につき一時間の個別相談(都内)の時間を設けさせていただきます。カリキュラム内容の不明点、疑問点はもちろん、アドバイザー活動についてのご相談を受け付けます。遠方の方はオンラインでも可能です。個別相談のお申込み期限はアカデミーへのご参加から1年間以内とさせていただきます。

特典②実践者インタビュー

既にアドバイザービジネスをされている方へのインタビュー記事をお届けします。どのようにして今のビジネスを始めたのか?どのようにして顧客を獲得したのか?などの実体験を知ることが出来ます。

他の養成講座と何が違うのか?

世の中にはコンサルタントと名乗りながら、”コンサルタント養成講座”を本業にしている人たちがたくさんいます。ほとんどエンドユーザー向けのコンサルティング経験が無いにも関わらず、コンサルタントになって売り上げを上げる方法ばかりを教えているのです。さらに問題なのは、そういった養成講座に参加した人が、同じようにコンサルタント養成講座を開催しているということです。


私たちの本業はあくまで中小・成長企業経営者の支援です(だからと言ってアドバイザーズ・アカデミーの内容に手を抜いているわけではありません)。ですからアドバイザーズ・アカデミーでお伝えする内容は、実際に1対1で顧客を支援してきた経験を基にしています。

「1対1のコーチングやコンサルティング」と、「講座や研修」というのは、求められる能力が全く違います。にもかかわらず講座だけを行ってコンサルタントと名乗っている人もたくさんいます。


アドバイザーズ・アカデミーで目指すのは、あくまで1対1で顧客を支援するビジネスをスタートすることです。もちろん、その過程で集客用の講座を行ったりしますが、目指すのは1対1のアドバイザービジネスです。


これには大きな理由があります。講座ビジネスというのは集客がものすごく大変なのです。


コンセプトさえよければ、最初は人が集まります。しかし、数年も経てば、目新しさが無くなり、集客に苦戦することになります。アドバイザーズ・アカデミーは、本業を持ちながらアドバイザービジネスをスタートするということを目指しているので、集客が大変な講座ビジネスをメインにはしません。

違いその①

実体験を基にしたリアリティ

違いその②

1対1での顧客支援がメイン

世の中には、プロダクトローンチやウェブセミナー、ウェブ動画、広告など、インターネットマーケティングを駆使して、コーチ、コンサルビジネスで年収数千万、数億円を狙おうという養成講座があります。ただ、アドバイザーズアカデミーは、その類のものではありません。


実際のところ、ほとんどの人にとって、インターネットマーケティングを駆使するのは、相当難しいです。私は10年以上、自分でやってきてますので、その大変さがわかりますし、人に教えることの難しさもわかります。正直、出来ない人には出来ないのです。


アドバイザーズ・アカデミーで目指すのは、副業くらいの時間を使い、年商で数百万円~1千万円くらいのレベルです。つまり、不特定多数にたくさんアプローチするというより、知人や紹介などで数社の顧客を支援するというモデルです。

違いその③

現実的な目標設定

カリキュラム監修者

坂本路子

一般財団法人日本アントレプレナー学会 評議員 


マイケルE.ガーバー認定講師を経て現在は清水氏と共に米国マイケルE.ガーバーカンパニー選出の日本リーダー就任。起業家の両親のもとホテル、飲食、不動産、サロン、アミューズメント施設等の数々のビジネスを経営。起業〜売却ビジネスの経験を積み、ロンドンのビジネススクールに留学後にコンサルタントとして独立。中心となる強みは、人材組織開発とシステム化。現在は、ヨーロッパ、日本、アメリカの3拠点を行き来し、海外国内クライアントに向けて世界基準の情報を提供する海外ビジネスコーチでもある。



清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事 

大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

アドバイザーズ・アカデミー

プレ参加のご案内

※ご注意:仕組み経営認定コーチの方は、認定トレーニングに本プログラムが含まれていますので申し込みしないでください。



【ご提供内容】

  • オンライン動画(セルフマネジメント、コンテンツ開発、マーケティング&セールス、サービス提供の計4本)
  • 各動画についてのワークシート(PDF)
  • 実践者インタビュー(PDF)
  • 個別相談(1時間)


【ご提供方法】

  • 専用の会員サイト内でのご提供
  • オンライン動画は週1本の配信×4回


【ご提供スケジュール】

2019年7月1日(月) 1本目の動画配信(専用会員サイトのご案内) 

2019年7月8日(月) 2本目の動画配信

2019年7月15日(月) 3本目の動画配信

2019年7月22日(月)  4本目の動画配信 


【ご参加費】

98,000円(税込)


【お支払方法】

クレジットカード、銀行振込

※3分割支払いはこちらをクリックしてお願いします。初回33,000円+1か月後33,000円+2か月後33,000円の決済になります。

※次ページの「最新ニュースと限定情報をメールで受け取る」のチェックは外さないでください。会員サイトなどの重要なお知らせが届かなくなります。

最後に

なぜアドバイザーズ・アカデミーを始めるのか

こちらの図は、当会のビジョンであるアントレプレナーシティ構想の概念図です。まず世界基準のメソッドを活用して、中小・成長企業の支援をし企業価値を向上させます。そして、経営者が出口戦略を実現するのを支援をし、新しい人生を実現していただきます。その後にまた新しいビジネスを始めることもあるでしょうし、ご自身の経験を活かして、後進の経営者にアドバイスすることもあるでしょう。


このような中小・成長企業のエコシステムを実現するのがアントレプレナーシティ構想です。この構想実現のためには、幅広く中小・成長企業を支援していくためのアドバイザーのネットワークが必須となります。今回アドバイザーズ・アカデミーを始めるのは、その一歩を踏み出すためです。


アドバイザーとして活躍した方、また私たちのビジョンに共感していただける方のご参加をお待ちしています。

※3分割支払いはこちらをクリックしてお願いします。初回24,000円+1か月後24,000円+2か月後24,000円の決済になります。

※次ページの「最新ニュースと限定情報をメールで受け取る」のチェックは外さないでください。会員サイトなどの重要なお知らせが届かなくなります。


一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、現在は世界中から中小・スモールビジネスの経営に役立つコンテンツを集めて日本の経営者の方々にご提供しております。


一般財団法人日本アントレプレナー学会 

〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F 

TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694

http://entre-s.com


特定商取引法による表記

Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurship.

About US