85の診断項目で丸わかり

自分がいなくても

うまく回る仕組みづくり

中小・スモールビジネス経営者向け少人数制

仕組み経営診断

こんな悩みはありませんか?

  • 仕組み化したいが、どこから始めたらよいかわからない 
  • 事業承継で社長が交代してもうまくいく仕組みを作りたい
  • 多店舗化のための仕組みを作りたい
  • とにかく自分(社長)の働く時間を減らしたい 
  • 人が増えて社内が混乱している 
  • 自分がいなくても勝手に仕事が進む組織にしたい

世界7万社、40年間の経験から導き出された解決策をご紹介します。

「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、経営者評価No.1を獲得した経営手法とは?

「起業して9年。もっと早くこの本と出会いたかった。。。」

「職人型経営では、未来がない。経営者の人生と事業を切り離し考える。とにかく素晴らしい」

「自分にとって久々のヒット本である!」

「経営者として知っておかなければいけない基本的な考え方が凝縮されてます」

「思い当たることばかりです」

「起業を志すならば必読!」

「まさにスモールビジネス経営の教科書」

「星10個!具体的にこれをやろうと思える本です」

「起業を考えている人には必読のバイブルと言っていい内容である。是非一読されることをお勧めしたい」

マイケルE.ガーバー著の「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」は、「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスのシステム化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、スモールビジネス経営の新しいスタンダードを創りました。


同書は、16カ国語に翻訳され、500万部以上のベストセラーとなっています。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。


出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、スモールビジネス経営のバイブルとしてロングセラーとなっています。

成長の壁=仕組み化の壁

会社が小さいころは、社長が一人、または初期メンバーの数人で会社が運営されていきます。


主には社長がそれまでに培った、職人技で会社が運営されています。売り上げを上げるのも、サービスや商品を提供するのも、お金の勘定を行うのも、すべて経営者自身が行います。


そのうち、軌道に乗ってくると、社長の仕事をアシストするための社員を雇うことになります。


チームで仕事をすることになるため、社長の仕事は楽にはなりますが、社長の代役をする人材は現れず、依然として経営が社長に依存しています。


・経営者が現場で働き続けなければ運営できない

・仕事のパフォーマンスが人によってばらばら

・誰かが辞めると致命的な影響が出る


経営者は、こういった問題を解決するために、様々な方法論を探し回ります。

しかし、結局のところ「職人としての視点」を抜け出せないために、”自分が忙しく働き続ける”という解決策しか生まれないのです。

職人型と起業家型の違い

世の中の会社は、「職人型ビジネス」と「起業家型ビジネス」に大別が出来ます。


その違いは、上図のとおりです。


「職人型ビジネス」から抜け出すために、第一に必要なのは、これ以上「職人」としての仕事を増やすことではなく、「起業家」としての視点を持つことなのです。


「職人型ビジネス」から、会社が組織として機能し始める「起業家型ビジネス 」に至るまでには、「仕組み化の壁」とでもいうべき大きなハードルが存在します。


世の中の大半のスモールビジネスは、この仕組み化の壁を越えることができず、経営が社長自身に依存した状態、「職人型ビジネス」を抜け出すことができません。


社員がいたとしても、依然として、社長の卓越した営業力、マーケティング力、サービス、人脈といった職人技に会社の運営が依存してしまっているのです。そのことが、スモールビジネスがスモールであり続けている大きな理由です。

「企業は人なり」のワナ

世界基準の会社は仕組み依存なのに対し、大半のスモールビジネスは人材依存である。

スモールビジネス経営者の、「ヒトの悩み」は尽きることがありません。


多くの経営者の方は、


優秀な人材さえいれば、、、

優秀な人さえ雇えれば、、、


と考えますが、実際のところ、大半のスモールビジネスでは、優秀な人材を雇う余裕も、優秀な人がやってくるのをのんびり待っている余裕もないのが実態です。


「企業は人なり」

「人材こそが最大の財産である」


というのは良く知られた格言ですが、この格言が正しいのは、人がその可能性を最大限に発揮できる環境や仕組みがある場合に限ります。


それがなければ、人はかえって、問題の発生源になってしまうというのは多くの経営者の方が経験されていることだと思います。


なぜ、大半の会社では、「人に関する問題」がなくならないのか?


それは、大半の会社が「人材依存」で創られているからです。


世界基準の会社は仕組み依存なのに対し、大半のスモールビジネスは人材依存です。


例としてその違いを見てみると、、、


普通の会社:良い人材がやってこないと嘆く

世界基準の会社:優秀な人材を見極め、集める方法が決まっている


普通の会社:社員のやる気や自主性を引き出すことに四苦八苦している

世界基準の会社:社員にあれこれ言わなくても自主的に働いてくれる理由が存在する


普通の会社:社内の人間関係の問題が常に起こっている

世界基準の会社:問題が起こる前に対処する仕組みがある


普通の会社:特定の社員(または社長)しかこなせない仕事がたくさんある

世界基準の会社:仕事が人に依存しないように単純化、文書化されている

etc...


このように、普通の会社と世界基準の会社では、経営に対する考え方が「正反対」なのです。

自分がいなくても

うまく回る仕組みを作る

「仕組み経営診断」の内容

第一部:自分がいなくてもうまく回る仕組み (前半) 起業家の視点

仕組み経営のバイブルであり、中小・スモールビジネス経営の教科書とも言われる、「はじめの一歩を踏み出そう(世界500万部以上のベストセラー)」をもとにして、自分がいなくてもうまく回る仕組みとはなにか?を理解します。


  • 大半の起業家が知らない、「職人」「マネージャー」「起業家」の違い 
  • ”会社の中で働く”ことと、”会社の上から働く”ことの違い 
  • スキルを身につけて独立する”と失敗する理由。 
  • 起業家もどきの「命取りの勘違い」とはいったい何か? 
  • IBM創業者が行った3つのこと 
  • レイクロックが起こした革命とは?

第二部:「仕組み化度数」診断と解説

仕組み経営を構成する「7つの経営力学」に基づいて、あなたの会社の仕組み化度数を診断します。診断シートで、どこの部分の仕組み化が必要なのかをご理解いただけます。


【診断のカテゴリー例】

  • 経営者人生ビジネスのバランス
  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • マーケティング
  • セールス
  • 価値提供
  • 財務

第三部:自分がいなくてもうまく回る仕組み (後半) 仕組み化度数をアップさせる

自分がいなくても成長する会社を創るためには、仕組み化度数をアップさせていくことが必要です。第三部では、そのための施策を考えていきます。


  • 仕組み化を阻害する4つの要因
  • 仕組み化を体系的に進めていく方法
  • 大半の経営者が感じる、仕組み化のジレンマとは?

お申込み特典

実売価格2万4800円の教材をプレゼント

仕組み経営診断のお申込み特典として、過去に実際に2万4800円で販売していた、「職人型ビジネスから起業家型ビジネスへ生まれ変わる7つの方法」という教材をプレゼントさせていただきます。


この教材は、文字通り職人型ビジネスから起業家型ビジネスへ変革するための考え方をまとめた教材として、300名以上の経営者の方にご購入いただいた教材です。


元々は、CD5枚セットの教材ですが、今回はMP3形式でダウンロードできるようにしたことによって、特別にプレゼントさせていただけるようになりました。(講座ご参加後にダウンロードURLをお送りします)

40年間、世界7万社の経験を凝縮しています。

本講座でご提供する内容は、マイケルE.ガーバー氏著の「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」がベースに、日本企業向けに改善を繰り返してきたものです。


本書は、16カ国語に翻訳され、500万部以上のベストセラーとなっています。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。

診断監修者

坂本路子


一般財団法人日本アントレプレナー学会 評議員

マイケルE.ガーバー認定講師を経て現在は清水氏と共に米国マイケルE.ガーバーカンパニー選出の日本リーダー就任。起業家の両親のもとホテル、飲食、不動産、サロン、アミューズメント施設等の数々のビジネスを経営。起業〜売却ビジネスの経験を積み、ロンドンのビジネススクールに留学後にコンサルタントとして独立。中心となる強みは、人材組織開発とシステム化。現在は、ヨーロッパ、日本、アメリカの3拠点を行き来し、海外国内クライアントに向けて世界基準の情報を提供する海外ビジネスコーチでもある。

清水直樹


一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事

大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

こんな方が対象です

仕組み経営診断は、業界特化の内容にしていないため、ありとあらゆる業種の経営者が参加されます。


たとえば、、、、


不動産、歯科医、美容室、リフォーム業、造園業、飲食店、人材会社、語学教室、IT企業、税理士/会計士、トレーナー、カウンセラー、建築業


などなど、会社規模も業種も様々です。


共通しているのは、職人型ビジネスから起業家型ビジネスへと変革し、自社の商品やサービスをより多くの人に届けたい、という想いを持った経営者であることです。

お申込みはこちらから

定員:各回3名様 


ご参加費:5000円(税込)


お支払方法:クレジットカード、Paypal、銀行振込


開催日時と場所:

※以下から日程をご選択の上、お申込みください。

※詳しい場所はお申込みいただいた方にお送りします。

※ファシリテーターのご紹介はこちらから


一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、現在は世界中から中小・スモールビジネスの経営に役立つコンテンツを集めて日本の経営者の方々にご提供しております。


一般財団法人日本アントレプレナー学会 

〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F 

TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694

http://entre-s.com


特定商取引法による表記

Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurship.

About US